こんばんはやまぎりです。

 

先日、仲間内でラーメンを食べに行った時、車中の話題が
印象に残ったので、そのことを書きたいと思います。

 

仲間三人でラーメンを食べに行こうということになり、
待ち合わせ場所で全員揃った際に1人が突然、

 

「恋人と別れた。」

 

と言うのです。「やまぎりさん、これで自分たちはフリーダムですね。」
と笑顔で同意を求められましたが、ここでいう「フリーダム」とはもちろん、
気楽なものではなく、根無し草のような少々不甲斐ない状態であり、

 

やまぎりはむしろ、不自由の土壌へ根を張り、その柵と共に暮らしたいと考えます。

例えば宗教とか……。

 

というわけで今回は宗教と、ほんのちょっとだけラーメンのお話です。

 

この後、幸いにも彼の重い破局話を引きずる事はありませんでした。
代わりに出てきたのが法事の話題です。

 

ええ、重たい話には変わりなかったですね。これには、やまぎりも苦笑い。

 

どういうやり取りをしたかというと、こんな感じになります。

 

チャット風画像    チャット風画像

 

こういう流れで、クリスチャンマンからキリスト教の法事の話を聞きました。

おおよそ、墓の形態の違いやお布施、その他もろもろは日本式のそれに比べて
お金がかからないという(宗派によって異なるそうです。)といった内容で、

 

やや不謹慎かもしれませんが、宗教を「コスパ」という目線で語るというのは
なかなか無い機会で新鮮でした。とはいえ、クリスチャンマンの話を聞いて、

 

「キリスト教ってコスパ良いんだ!改宗しよう!」とは思いませんでした。

その理由として、昔とある宗教に入信しようとした時のエピソードを
交えて書きたいと思います。

 

やまぎりが「au教」という宗教に入信しようとしたのですが、

家族から反対されました。理由として、「ドコモ家族割」というものがあり、

やまぎり一人だけをau教に入信させられないというのです。


もちろん、これは冗談です。が、携帯電話のキャリア選択でさえ、

このような柵があるわけです。それが信教ともなると、「家とか」そういった

要素はかなり強いものとなります。

 

これは「先祖代々守ってきた」とか、そういう言葉に言い換えたほうが

良いかもしれませんね。やまぎりは、先人への畏敬の念と共に、これを

肯定したいと思っています。

 

コスパがどうこうのという話ではありませんし、これが一応の理由です。


そうそう、ラーメンでした。

 

 


その日食べたラーメンがこちらになります。

我々に、フリーダムマンに、神のご加護がありますようにラーメン🍜

 

美味しかったです、ごちそうさまでした。

コメント





   

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

リンク

お友達のブログ

ゆきやすさんのブログ

Archives

モバイル

qrcode

最近のエントリ

プロフィール

検索

Other>

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM